メニュー

院長ご挨拶

Home > 相和病院について > 院長ご挨拶

理事長兼病院長からのメッセージ

理事長兼病院長からのメッセージ

人口構成や疾病構造の変化に伴い、医療制度が急激に変化しています。経済事情により医療環境も変化せざるを得ない時代です。私は「命は天命」という考えに従い「最期まで最善を尽くす」という考えで患者さんに向きあっています。
私は、この病院では3つの顔を持っています。一つは理事長としての病院経営責任です。他の医療機関との差別化を図るための経営戦略を考え、病院経営が安定化するための方向性を示しています。
もう一つは、病院長としての医療上の責任です。当院の医療が安全・確実に提供できるよう、診療体制の安全管理を総括しています。
もっとも多くの時間を割いているのが、入院患者の主治医として医療を提供する病棟医としての時間です。当院の患者さんは、慢性期の治療を必要とする重症の方が多く入院しています。救急の現場でつながれた大切な命を、我々が引き受け「繋ぐ」役割として、最期まで最善を尽くすという考えで患者さんと向き合っています。
私自らが、現場の医師として患者に真剣に向き合い、職員と共に患者さんのために最善を尽くす姿を見せることが、職員一人一人への教育であると考えています。「頭(トップ)が動かなければ尻尾(スタッフ)は動かない」。
患者さんのためにコツコツと働く「相和ナイス」の精神で頑張っています。

理事長兼病院長
川村 一彦

略歴

1968年 3月 日本医科大学卒業
1968年 4月 日本医科大学大学院医学研究科入学
(外科系第二外科学専攻)
1972年 3月 日本医科大学大学院終了
1972年 4月 日本医科大学医員助手
(附属病院第三外科)
1979年10月 日本医科大学講師(第二外科学)
1981年 2月 栃木県県南総合病院(外科部長)
1987年 4月 栃木県県南総合病院副院長
1990年 4月 日本医科大学客員助教授
1997年10月 日本医科大学客員教授
1999年 4月 栃木県県南総合病院院長
2004年 1月 医療法人財団愛慈会相和病院診療部長
2007年 1月 医療法人財団愛慈会相和病院副院長
2007年10月 医療法人財団愛慈会相和病院理事長兼病院長

資格・学会

  • 医学博士(日本医科大学)
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本外科学会認定医
  • 日本消化器外科元認定医
  • 日本胸部外科学会元評議員
  • 日本臨床外科医学元評議員